いまさらグリー

会社の定例会議があって、せっかくなんで何か気の利いた事をいおうと思った。
日経に「SNS各社の業績が頭うちなのにグリーだけは躍進してる」みたいな記事があったので、
今日のテーマはこれだっなんて思う。
何年前だろな、SNSがなんなのかさっぱり誰も分かってない頃、友人にグリー紹介された。
友達つってもホントは先輩で北岡さん。
勘違いかもしんないけど、あのころはグリーの方が先行してたような気がする。
もひとつミクシイってのもあるけど、音楽ならグリーって言われてたような気がする。うーん、昔のことなんで記憶が怪しい。反対かも。
で、誘われてみたものの、なんの事やら分からず、結局なんにもしなかったなぁ。
それからだいぶ月日は流れ、ミクシイは知ってるけど、グリーはもう知らねえなぁなんて思ってたら、大躍進、今期は一人勝ちみたいなエライ書かれよう。
いやぁ、敏感でありたいと思ってたんだけど、そうじゃないんだなって自戒をこめて、驚きとともに、会議でその話してみる。
勢いこんで話してみたものの、盛り上がんないこと、盛り上がんないこと、シーンみたいな感じ。
なんだ、ウチの人たちはこういう話は好きでないんだ、なんて勝手に納得してたた、さにあらず。
会議が終わってから、若いもの順に口々に「いや、普通にやってますから。」
うむ、申し訳ない。みんなとっくに知ってる事だったのね。
そうね、知ってる人はとっくに知ってるのね。
悔しいからではない、勉強のために、自分も入ってみる。
「勉強のために」という姿勢がすでにリアルではないなぁと思う。
以前、北岡さんに勧誘されたのはPC版だったけど、今度は携帯版。
なるほどなぁ面白いなぁ。
無料の釣りゲームとか、少しの暇にちょとやりたくなる。そしてスキルアップのために、「いい竿」を手に入れたくなる。
先輩のにくらべ自分のアバターがみすぼらしいので、新しい服が買いたくなる。
もちろんお金をだして買う事も出来なくはないけど、それは手法が大人すぎ。
どうも、この世界は未入会の人を勧誘すると、ポイントが手に入って、それで道具を買ったり、服を買ったりするらしい。
いやぁこのしくみすごいね。
通常使えるポイントに加え、現在はキャンペーン中。それぞれのゲームにあったアイテムを貰える。
そんなわけで、新しい釣り竿手に入れたくて、ウチの経理の人勧誘しちゃったもん。二人目を紹介すると「いい仕掛」けが手に入るもんだから、次は営業のユーヤを入れた。
さて、周りを見渡すと会社の若い人はみんなすでにやってるみたい。外の人をさがさないと。
で、3人目にコジマを入れようとしたら、「ウィルコムはサポートされてないって返ってきましたよっ!」となぜかコジマにおこられた。怒るなよ。
若くはないけど身内を思い出し、ウソツキさんを招待みてみたら、「なぜか私の携帯からは入れません」とドコモのくせに見え透いたウソで断られ、
近所で飲んでた抜け作を誘ったところ
「いっすよ、入ります入ります」って言った5秒後に
「あれー、僕もう入ってますね、なんでだろ、入った覚えないのにーー」という、名前に恥じない愛すべき抜けっぷりを披露する。
3人目なかなか難航。3人目を紹介するともらえるのは「いいミミズ」。
若い人は入会済みでもこんだけ若かったらいいだろうって、ウチの娘を招待したら子供用携帯の閲覧制限にひっかっかって駄目だった。若いというより子供だったのね。
結局そこらじゅうの人を片っ端からさそいまくり、最後にニヒリスト・カオリ嬢が入ってくれて事なきをえた。
その後からはスルスルと、イワシタと風知のサキちゃんとバズケンが入ってくれた。
あれえ、これすんごい熱心だけどナニやってんだろう。ずいぶん熱心な勧誘だ。
そしてこんもりとポイントをゲットした。いざ貯まってみると、なんか使いにくい。
えーナニが言いたいのかというと、
入会してる人に新しい人を勧誘させるこのしくみ、全然嫌みでなく、喜んで誘ってまわらせるこの仕組みすごいなぁと思った。
勉強になるね。
あっまた言っちゃった。
そして、今日のエントリーで最終的にナニが言いたいのかと言うと、
僕の友達にこんなメッセージを発信したいのでした。
「あ、すいません。こんな事情なんで突然の招待メールに驚かないでください。こんなワケす。お騒がせしてすまねえす。じき止むんで勘弁してください」